2020年9月7日

「静脈産業の新潮流」 資源循環の鍵となる「選別」 機械化・自動化で精度向上 市場に見合った設備開発

 雑品スクラップは加工の難しさやコスト高から国内での処理は採算性が低く、これまで多くが輸出されていた。ここへきて金属リサイクル業界にとっての新たな商材として見直され、設備投資に踏み切る企業が増えつつある。雑品スクラップの適正処理と再資源化のためにカギとなる「選別」の高精度化を目指し、機械メーカーも新製品の開発・販売に相次ぎ乗り出している。

   

おすすめ記事(一部広告含む)